乳首のレーザートーニングが失敗してまだらになった例

乳首のレーザートーニングは、主に黒ずんでしまった乳首の部分を元の美白に戻すための治療として行います。

この治療法の概要としては、乳輪の黒ずみ部分にレーザーをあてて繰り返し施術することで少しずつ黒ずんだ色が抜けていき、治療を行うことができるという治療法です。

ある程度通院して治療を受けることができます。

失敗例については、いくつかあります。

この方法を受けたとしても完全に美白には戻らない可能性はあります。

残念ながらその可能性は完全に解消されていませんので考慮しておくようにしましょう。

もう一つこの治療法には、ドクターの技術が要求されるという面があります。

レーザートーニングを受けるにあたってはレーザー照射の仕方や照射レベルの設定などが定められています。

その部分を間違えると失敗してしまい大変なことになります。

失敗するとまだらになってしまって見栄えがよくなくなるなどの報告例はあります。

どうしてまだらになってしまうのかについてですが、レーザーを照射するときにはは中心部分に偏って照射されるという性質があります。

そのため失敗してしまうことでどうしてもムラができてしまいます。

出力を間違えて強くしてしまった場合には照射した部分の衝撃が強くなってしまいかさぶたができてしまうこともあります。

かさぶたが取れた跡には胸の先端の色の濃淡がまだらになってしまうというわけです。

こうした報告例については多めであり、失敗例の代表的なものとして挙げられています。

通常この治療法を受けることでかさぶたが発生してしまうことはありません。

この治療法ではレーザーの出力を弱く設定しているため、デリケートな部分に対応しやすいようにしているためです。

ただ、最近のレーザートーニングにおいてはトップハット型と呼ばれる照射方法が出てきたこともあり、以前よりは均一に照射することができるようになりました。

しかし、場所によってはまだ発生しやすいですのでドクター選びには気を付けたほうがリスク回避しやすいでしょう。

1 2 3

Leave a Reply